【アクアリウム】水合わせのやり方

アクアリウム
水合わせって何?
新しく熱帯魚入れたら病気になった
上手く長期飼育できない
今回は水合わせについて紹介します。
熱帯魚が病気になったり長期飼育できなったりする原因に
水合わせの失敗があります。
水合わせを行うことで熱帯魚の導入が上手く行きます!

水合わせとは

生体を飼ってきた時に、ショップ等の水槽の水質や水温と
自分の水槽の水質や水温は違いますよね?
熱帯魚やエビ等を自分の水槽に入れる際は環境の変化が激しく
生体に負担がかかってしまうのです。
その為購入してすぐに水槽内へ「ドボン!」はNGです。

新しく生体を水槽に移す時は水温をあわせて水質をあわせてから
自分の水槽に移してあげましょう。

水合わせの方法

では、水合わせのやり方を紹介します。

ステップ1
購入した(野外採取した)生体をプラケースなどにその水ごと移します。

ステップ2
飼育水槽にプラケースごと水面に浮かべておきます。
これは温度合わせのために行っています!
大体30分から1時間くらいで大丈夫です。

次の水質あわせの際にプラケースを水槽から出すのですが
水質あわせている内に、プラケース温度が変ってしまいます。
冬の場合ヒーターを入れるなど、寒くならないように
夏の場合直射日光を避けるなど、暑くならないようにしてください

ステップ3
プラケースを水槽から取り出し水を半分くらいにして、
その中に自分の水槽の飼育水を少しずつ加えます。それを数回繰り返します
これは水質をあわせるために行っています。

水を加えるには点滴法を使うと良いです!※点滴法
繰り返す回数は多いほどショックが少なくすみます。少なくても2回以上
ステップ4
水質も合わせたらこれで水合せは終了です!
しかしここで注意!病気を持っている場合自分の水槽に持ち込む原因に
病気もちだったり、野外採取の場合は特に注意!
一度薬浴をすると安心です。
トリートメントを行っている信頼で来るショップさんなら
この作業はしなくても大丈夫です!
ステップ5
薬浴や水合わせを行った水は入れず、生体だけを網で掬って水槽に移しましょう。
水槽内に病気や虫、薬が入らないようにするためです。

水合わせ簡易に行いたい

水合わせ、結構手間がかかりますよね
少しリスクが上がりますが簡易に水合わせを行う方法を紹介します。
※野外採取は野場合はこの方法は出来ません。

ステップ1
購入した(袋に入っている)状態のまま水槽に浮かせておきます。
ここで水温あわせを行います。

ステップ2
ここで水質あわせを行います。
袋に小さめの穴をいくつか開けます。
飼育水が少しずつ混ざるように。
時間を置き更に大き目の穴を開けます。

ステップ3
袋をあけ生体を全部水槽内に開放します
その前に穴から水槽に出ている個体もいても大丈夫です。
最後に袋を取り除いて終了です

とても簡単ですが、水質合わせが大雑把なのでデリケートな
生体には注意です、それとショップの飼育水が入り込むので
病気や害虫などの侵入の可能性のリスクが高くなります。
信頼できるショップで行いましょう。

まとめ

生体を導入するに当たって、今飼育している生体も追加される生体にも
リスクが出てきます、なるべくリスクを回避をしましょう。
手間ですが、これを行うことで病気や害虫に悩むリスクが下がるので
水合わせは行いましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました